河合利紀税理士事務所

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME > 起業支援 > 会社設立のメリット・デメリット

▲TOPへ戻る

会社設立のメリット・デメリット

事業を始めるにあたって、会社にするか個人事業とするかの選択肢がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

会社設立のメリット

会社設立のメリット

1信頼性が高い

会社のメリットとしては個人よりも対外的信頼性得やすいことです。
取引先や銀行、新人採用や営業先での信頼面で個人より有利になります。

2節税面で有利

会社であれば経費として認められる幅が広がり、一定以上の所得であれば個人事業より税率が低くなります。また会社であれば会社の財産には相続税がかかりません。

3信頼性が高い

会社であれば滞納や未払の返済は出資の範囲内であるため、個人に比べてリスクが低いといえます。

会社設立のデメリット

会社設立のデメリット

1社会保険への加入義務

会社であれば無条件に社会保険への加入が義務付けられているため、従業員の給与に加えて 社会保険料の負担が増えます。

2事務負担の増加

会社では確定申告が複雑になり会社法による帳簿記入や社会保険等の各種手続きが増える為、 事務負担が増加します。

3地方法人税の均等割

会社の場合、赤字でもかかる税金があります。大阪市の場合最低7万円はかかります。

個人事業のメリット

個人事業のメリット

1手続きが簡単

人事業であれば開業や廃業、確定申告等の手続きが会社に比べ簡易です。

2社会保険の負担が少ない

会社に比べて社会保険の負担は少なくなります。

個人事業のデメリット

個人事業のデメリット

1無限責任

滞納や未払の返済は無限であり、リスクが高いといえます。

2信頼性が低い

会社に比べて対外的信頼が低く、取引先等に不利になる場合もあります。

こちらのコンテンツの一覧は以下になります

起業支援

税務顧問

相続税申告

その他コンテンツ

Profile

河合利紀S55/11/22